巻き爪で悩む人に

巻爪(陥入爪)
 爪が皮膚に食い込んでいく症状のことをいい、巻き爪の症状が悪化すると、爪がどんどん皮膚に食い込みその部分が化膿・炎症を起こし歩くのが困難になることもあります。
原因は きつい靴を続ける、爪の切り方が悪い、つま先に過度の力がかかり続ける(靴やスポーツ、姿勢)、遺伝など。
軽度の場合は爪の角にコットンを挿入したり、爪の切り方で治ることもあります。
高度な場合、最近ではワイヤーやプレートを使った爪の矯正が治療の中心ですが、残念ながら保険適応にはなっていません。