骨粗鬆(こつそしょう)

骨粗鬆症
骨粗鬆症は骨量が減少する病態です。特に女性は閉経後に急に骨量が減少します。
骨粗鬆症になると背骨の圧迫骨折、転倒時に股関節や手首の骨折が起こりやすくなります。
特に背骨の圧迫骨折、股関節の骨折は寝たきりの原因になります。
薬や注射による治療を継続することにより、骨粗鬆症による骨折をおこりにくくすることができます。もちろん、適度な運動をする、カルシウムを多く含む食事を心がけることも必要です。