ばね指(狭窄性腱鞘炎)

ばね指(狭窄性腱鞘炎)

腱鞘炎と言われる手首の炎症がよく聞かれますが、これが指に起きた場合にばね指と呼びます。母指(親指)、中指に多いのですが、どの指にもおこります。

手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴ですが、更年期の女性にも多く、妊娠出産期の女性にも生じます。(糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生することがあります)

大まかな症状は、指の付け根が腫れてきたり硬くなったり、熱感があったり引っかかる感じがでてきて、指の動きが悪くなります。

進行すると指が動かない事になるので、早めの治療が必要になります。

一度発症したら、指をなるべく使わないことが必要です。症状がひどいときはステロイド注射をすることがありますが、繰り返すようなら手術も行います。